• ホーム
  • 痛風はどんな症状が出るのか?

痛風はどんな症状が出るのか?

2019年07月24日
吐き気がしている女性

痛風という疾患は日本人にとっては珍しくない疾患になりつつあります。
ビールやレバーに含まれているプリン体のゴミにあたる尿酸という物質が体内に大量に存在することがそもそもの原因であり、尿酸値が高い状態が持続しているときに関節などの血流が比較的乏しいところで血の中に溶けきっていることができずに溶け残った塩のように結晶となって析出し、組織を傷つけてしまうという疾患です。

この析出する結晶は針のような構造をしており、鋭い先端で組織を強力に傷つけます。
風が吹いても痛いという痛風の痛みも納得ですが、この結晶を生じやすいのは足の親指の付け根にあたる部分です。
しかし、関節に入る細い血管で基本的に形成されやすいため足の親指だけでなく膝や肘でも同様の症状を示す可能性があり、他のリウマチなどの関節疾患と混同する場合がありますが、腫れはするものの痛風によって関節の著明な変形を来たすことはありません。
そのあたりで鑑別が可能です。
また、痛風と同様に高尿酸血症が原因で生じる症状には尿路結石もあります。
尿によって捨てられるはずの尿酸が溶けきれなくなれば腎や膀胱などの組織内で結晶化することで石を形成し、ひどい場合は尿の通り道を塞いでしまいます。
この痛みは関節痛とはまた異なり、感染を合併することによって非常に重篤な状態を招く可能性があるだけに放置は非常に危険です。

高尿酸血症、つまり尿酸値が高い状態が持続しているのだとしてもすぐに関節の痛みを生じるわけではありません。
無症候性に高尿酸血症を抱えている層こそ治療の対象であり、その層が高尿酸血症を放置しているときに更なる尿酸値の上昇や脱水状態になるなどして血中に尿酸が溶けきれなくなることが痛風発症のメカニズムであるからです。
年齢とともに排出する機能が低下し痛風のリスクは高くなっていくため高尿酸血症を放置せず、無症候のうちに治療を始めることが痛風の痛みに苦しまないための最良の方法なのです。

意外と知らない、痛風の怖さ

痛風には尿酸という物質が強く関与していることは前述のとおりですが、その合併症には動脈硬化などの循環障害があると言われています。
尿酸を運搬する分子が発現しているのが動脈であり、尿酸が高濃度で存在する環境下で活性化した場合は血管壁へのコレステロールなどの貯留を示します。
この運搬分子はエストロゲンという女性ホルモンによって抑制されるため、女性より男性に痛風患者、およびその合併症に苦しむ方が多いのです。

動脈硬化、とは文字通り血管が硬くなってしまう疾患ですが、この変化が原因で血圧の変化を受容し伸び縮みするゴムホースのような血管はその伸縮能を失います。
その結果、高血圧を生じて過剰な圧を捌ききれず、最悪破綻します。
こうして出血したり、血行動態の障害を生じるのは大抵が細動脈であり、具体的には心臓や脳の血管です。
つまり、痛風は心疾患や脳卒中の遠因となりえるということが言えます。
これらの疾患は死に直結するだけに、やはり痛風および高尿酸血症を放置することは危険なのです。

この状態にさらに糖尿病が合併した場合、さらに悪化することになります。
糖尿病の合併症には高脂血症があり、血中にコレステロールが潤沢に流れている状態が持続してしまうという問題があります。
この動脈硬化促進メカニズムによってさらに心疾患を発症するリスクは高まり、死亡する可能性もあります。
また、糖尿病には腎疾患が合併することが常であり、その場合は尿酸の排出機能が大変低下します。
尿酸が排出されずに体内に残る状態が持続するため、さらに痛風発作の発症リスクは高まります。
生活習慣病として知られている疾患どうしで負の相乗効果を生むだけに早期治療と生活習慣改善が重要なのです。

関連記事
痛風の痛みにボルタレンを利用

足の親指の付け根などが赤く腫れて激しく痛む痛風の発作は夜間の睡眠時に起こりやすいこともあって、とっさの対処は痛み止めの服用に頼るしかありません。痛風の痛みは人によっては刃物で刺すよりも痛く、骨折のほうが我慢できるほどとまで形容され、効き目が穏やかな痛み止めでは治まらないレベルと言われます。そのため重...

2019年08月29日
知っておきたい、偏頭痛の症状

偏頭痛とは、血管が拡張することでズキズキとした痛みが片側の頭にだけ生じる頭痛です。主にこめかみから目の辺りが痛むことが多く、痛みの発作は4時間から数日間は続くといわれています。片側に現れることが多いですが、そのときによって両側から痛む場合もあります。痛みが起きると、光や音、においなどの刺激に敏感にな...

2019年10月29日
逆流性食道炎にはネキシウムが効果的

ネキシウムは有効成分エソメプラゾールマグネシウム水和物の働きによって、胃の細胞壁にあるプロトンポンプと呼ばれる場所から胃酸が分泌されるのをブロックして効果をあらわします。PPIという略称も持つプロトンポンプ阻害薬という系統に属するネキシウムは、胃酸分泌量を抑制することで逆流性食道炎や胃かいようなどを...

2019年10月03日
症状によって違いがある!頻尿の種類

以前に比べてトイレに行きたいと思う頻度が多くなり、また間隔が短くなった時、もしかしたら頻尿なのではないかと心配をされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は、頻尿という症状には明確な定義はなく、判断基準や目安として、総回数や昼と夜それぞれの回数などの考え方があります。トイレが近い、という症状には...

2019年09月16日
やっぱりアルコールは痛風に良くないのか?

テレビ等で「プリン体0(ゼロ)のアルコール」と紹介されたりして、お酒販売店ではいくつもの商品が並んでいるのを目にします。「風が吹いただけでも痛い」と表現されてしまうような激痛を伴う「痛風」は、このプリン体と大きな関係があります。これが体内に存在することで、それが元となり尿酸が生まれます。この尿酸は人...

2019年08月09日
痛風とはどんな病気なのか?

痛風とは血液中で過剰になった尿酸が関節内部で結晶化し、激しい関節炎を引きおこす病気です。短時間で痛風発作が起こるわけではなく、血液中の尿酸値が高い状態が長期間継続することが前提となっています。これは高尿酸血症という病気ですが、これといった自覚症状もなく定期健診の血液検査で異常値を指摘されて発見される...

2019年07月12日